日本物怪観光のトレードマークは鬼をイメージしています。日本物怪観光では、様々な物の怪達のもとになるような物は1つなのではないかと考え、その核ともいうべき形を鬼に求めました。こうして完成したマークは「ONI(鬼)マーク」と名付けられ、1997年より正式採用されています。日本物怪観光には、このONIマークを様々に展開したトレードマークを持つ関連鬼業(かんれんきぎょう)が数社存在しています。

物怪電氣 [モノノケエレクトロニクス]
社員の使用する電化製品を開発している怪社です。日常使用する家電から、秘密兵器まで様々なアイテムを供給しています。トレードマークは電氣の輪に囲まれたONIマークで「RAIZIN(雷神)」マークと呼ばれています。

物怪通信 [モノノケネット]
TVやラヂオ、インターネットといった日本物怪観光の通信部門を担当する怪社です。インターネットのホームページ「Woo(ウー)」も、ここで制作されています。トレードマークは電波を発するONIマークで「YOBUKO(呼子)」マークと呼ばれています。

物怪印刷 [モノノケプレス]
日本物怪観光の出版物を発行している怪社です。
パンフレットや、データファイル、社員の使用する手帳などを出版しています。トレードマークは本の表紙にプリントされたONIマークで「GAREI(画霊)」マークと呼ばれています。